【呪いのビデオ/U】

08#[親友](1/6)

だが、肩を叩く主から聞こえてきた声は意外なものだった。

「おーい、麻衣華?」

「!!……ゆ、か……?」

ん?と可愛らしく首を傾げきょとんとした顔をする結花が立っていた。電話の向こうでは尚も悠太が心配げな声を出していた。その電話口の声にハッとする。

「あ、ごめんごめん。結花が来てくれて驚いちゃって…また大学でね」

それだけ伝えれば麻衣華は電話を切り結花に向き直るなり直ぐ様抱きついた。その行動に驚きながらも抱き留める。

「どうして居るの?」

嬉しさと寂しさの入り雑じった声で問い掛ける。すると返ってきた言葉は嬉しいもので、この時麻衣華は思った。
持つべき者はなんとやら、と。

(閲覧:3647)
- 42 -
前n[*][#]次n

/263 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]