【こども110番】

[電話](1/6)

プルル、プルル、プルル

若干ざわめきたつ室内に電話の音が鳴り響く。

「はい、こども110番相談局です」

『……』

「…もしもし?」

受話器を取った女性は馴染んだ言葉を告げ相手の話に耳を傾ける。だが、一向に音が聞こえてこない。いや、ざぁざぁと雨が降るような耳障りなノイズ音だけが聞こえてくた。
よく、耳を澄ませるとヒックと声がひきつった泣き声が聞こえてくる。

「どうしました?」

聞こえてきた声に女性は優しい声音で問い掛けた。すると、向こう側から堰を切ったように言葉が紡がれた。

(閲覧:4694)
- 1 -
前n[*]|[#]次n

/7 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]