狼の飼い慣らし方
重要なお知らせ
無料HP作成「モバイルスペース」は2020年9月末をもってサービスの提供を終了させていただきます。
それに伴い、この作品は「モバイルスペース」の子ページ機能で作成されているため閲覧できなくなります。
詳しくはお知らせ(9/4掲載)を御覧ください。
 



16年間真っ当に生きてきた
けれど17年目、
僕は道を踏み外してしまう

の飼いらし方
( ▼後日談 after )



act.1 あの子は可愛い毒林檎

act.2 きれいな羽根は誰の為

act.3 優しさなんかじゃない

act.4 君のためにできること

act.5 震えるくちびるの侵略

act.6 純白の想いは彷徨える

act.7 きみの空へ飛び込んで

act.8 愛はいかがと君が鳴く

act.9 しっかりと握られた手

act.10 少しずつ縮まる距離に

act.11 肩をならべて歩く時間

act.12 朝一番にきみの匂いを

act.13 それでも君は廻ってる

act.14 寄り添うかげが伸びて

act.15 君にすべてを奪われて

act.16 その一瞬を切り取る指

act.17 君にいちばん近い場所

act.18 くもり空じゃ見えない

act.19 寒い日には寄り添って

act.20 心が、くすぐったくて

act.21 寄り添い合えたら素敵

act.22 全てで愛して欲しくて

act.23 君との距離に息を呑む

act.24 凍える前に手を繋ごう

act.25 緩やかな指の動きの先

act.26 変わらない思いと景色

act.27 星に名前をつけるなら

act.28 冬の匂いと冷えた指先

act.29 それから僕らは微笑んで

お知らせ


⇒作品艫激rュー
⇒お気に入り登録


モバスペ脾ook

top